保険の問題は必ずクリアにしておこう

車に乗るのであれば自賠責保険だけではなく、任意保険に入っておくのが通例でもあります。もしものことがあったとき、大きな保証になってくれる存在です。これはレンタカーにも該当することになりますので、しっかりと把握しておくことをおすすめします。

保険の問題はちゃんと把握しておくように

車を乗るのであれば任意保険をしっかりとしておくことが重要ですが、それと同じようにレンタカーもこの考えを適用するべきです。免責補償制度、レンタカー会社の損失を補填するノンオペレーションチャージの免責などありますので、念のために入ってレンタルすることをおすすめします。

最近は借りるだけで免責制度がついてくる会社も増えていますが、ただそれだけでは万全ではないことも。確かな補償を求めるためにも、借りる会社のシステムを把握しておくことが重要です。

多い車の傷や凹み問題

借りてからの問題もありますが、すでにあったものに対しても責任を押し付けられる可能性もあるのがレンタカーです。借りる前から傷や凹みがあったにも関わらず、修理の請求をされることも。レンタカーを借りるときに最も多い問題ですので、営業所のスタッフと一緒に確認しておきましょう。カメラで撮影するのも悪くはない対策です。

自分の身は自分で守るのが基本姿勢

レンタカーを運転している際、無茶な運転をしないことも大切です。特に北海道となると、季節によって今まで経験をしたことがない運転になることも多いことから、自分で管理をすることも大切な判断になります。補償制度を付け加えることも重要ですが、運転にも気をつけるようにしましょう。

補償がしっかりしたレンタカー会社を選ぶことも大切

レンタカー会社によってまったく補償制度が変わってくることも多いです。最初の選択からビハインドを負うようなこともありますので、そんなことが起きないためにも前もって確認をしてください。これも自分の身は自分で守ることに繋がります。

関連する記事