前もって車の状態は確認しておくように

レンタカーを借りるときに問題になってくるひとつとして車の状態があります。基本は借りた状態で返すことになりますが、それが異なっていれば借りた人の問題になるのがレンタカーです。だからこそ気をつけなければいけないことがあります。

前の状態を必ず確認しておこう

借りる前の状態と異なっているのであれば、それだけで借りた人の問題になってしまうのがレンタカーの怖いところです。たとえ前から傷や凹みがあったとしても、それが借りる前のものであることを証明することができなければ意味がありません。だからこそ必ずチェックをしておきましょう。

できれば営業所の人と一緒に確認しておくことが大切

ただ借りる側が確認できていれば良いわけではありません。営業所も確認できて前からある傷や凹みであることを証明することができますので、できればスタッフの方と一緒に確認することをおすすめします。しかしそうスムーズには行きません。営業所もそのようなことをせずにそのまま貸し出してしまうことが多いです。

ただ一通りぐるっと車の状態を見ておき、気になる傷や凹むを見つけることができれば、それを申告することだけでもまったく変わってきます。気になる部分はそこで一緒に確認をしておきましょう。

気になる場所は写真で証拠保全を

ただそのような状況を作り上げるのは、なかなか難しいです。スタッフの方に確認を協力してもらうことになりますので、難しいこともあるでしょう。そんなときな写真で証拠保全をしておくと良いです。借りてすぐにその場で気になる部分を写真で撮影しておくと、借りる前の傷であることを証明することができます。わざわざスタッフを立ち会わせる必要がありませんので、気になるときは写真撮影をしておきましょう。

初めてだからこそ問題になることが多い

レンタカーを初めて借りるときにこそ、起こりうる問題になっていますので、なるたけ万全に行っておくことをおすすめします。初めてだからこそ知らなかったことになり、それで損失になってしまう問題です。

関連する記事