楽しいレンタカーの旅をするために必要なこと

楽しい北海道のレンタカーの旅をするために欠かせないことがあります。移動手段として車であれば、公共の交通機関を使うことがありませんので時間に関係なく好きなように活用することができる点ばかりにメリットを感じますが、それ以外のことについて理解しておかないといけないこともあります。

せっかくの旅行で起きる問題

ドライブになりますので、事故が懸念材料になります。しかも乗り慣れた道ではありませんので、その可能性が誰でも高まることを危惧しておかないといけません。安全運転をするのは当然になりますが、旅行になることから気分が高揚してしまい、つい荒っぽい運転をしてしまうことも。

冬の北海道には気をつけないといけません。雪がない夏などになると、今度は野生動物を事故に巻き込んでしまうことになり、命だけではなくレンタカーの修理代も痛い体験になってしまいます。誰でも起こりうるリスクだと認識して、安全運転を心掛けるようにしましょう。

台無しにならないためにも保険の準備を

もしものときに活躍するのが保険です。レンタカーを借りたときにある程度免責補償制度が適用されていることが多いですが、あくまでも最低限のものだと考えてください。簡単に理解するのであれば、自賠責だけであり任意保険がついていないと考えると良いでしょう。万全な保険こそが自らを守ることに繋がります。しっかり考えておくべきです。

レンタカー会社によって異なる

その免責補償制度もレンタカー会社によって異なってきます。ある会社になれば、車の修理を出すために営業損失を補填するノンオペレーションチャージさえも免責補償制度に加えてくれることもありますので、大きな保険になるでしょう。

もしものことを考えて保険料をケチらないように

ただ万全を期すとそれだけ料金が高くなることになります。ほとんどがレンタルする車に掛けられることから、友人との旅行になればそれほど高い金額にはなりません。発想を転換して万全を期すことを考えましょう。

関連する記事