出来る限り乗り慣れたレンタカーを選ぼう

今まで乗ったことがない車を選ぶこともレンタカーを活用するときの基準になりますが、北海道で利用するのであればなるたけ運転し慣れた車を運転することをおすすめします。いろいろと事情がありますので、そちらを認識してから検討してください。

北海道は季節によっていろんな顔を持つ

冬になるとブラックアイスバーンやホワイトアウトが起きることがあります。夏になると有数のドライブコースがあるのが北海道ですので運転しやすさを感じることもあるでしょうが、野生動物が多いことからそこで事故を起こしてしまうことも。怪我はなかったけれど、ノンオペレーションチャージにより損失額が増えてしまうようなことも起きてしまいます。

だからこそ乗り慣れた車で北海道の旅行をすることをおすすめします。特に初めての雪道であれば、乗り慣れていない車になると困ってしまうこともあるでしょう。乗り慣れているから適応する範囲が雪道だけで済むことになりますので、ここに大きなメリットが存在しています。

仕方なく乗り慣れない車を選ぶことも

ただし乗り慣れている車を選ぶことができないこともあります。人数が多い旅行になってしまうと、それだけ人が増えることになり乗り慣れた車に乗ることができないことも多いです。普段は軽に乗っているのであれば、必然的にバンタイプを選ばないといけないこともあります。そんなときは運転をすることを控えましょう。なるたけ運転し慣れた人にハンドルを握ってもらうことを心掛けるべきです。

指定する車を利用するときの注意点

指定したい車で乗る場合、余裕を持って予約を入れてください。当日になると乗られている可能性もありますので、乗ることができないことも。数ヶ月前であれば抑える可能性が高くなりますので予約は必須です。

第一候補は乗り慣れた車がおすすめ

いろんな事情で車を選ぶことになるでしょうが、第一候補は乗り慣れた車を選択することを推奨します。仕方がなく変更をするときは、自信がない場合、運転を断る勇気も持ってください。

保険の問題は必ずクリアにしておこう

車に乗るのであれば自賠責保険だけではなく、任意保険に入っておくのが通例でもあります。もしものことがあったとき、大きな保証になってくれる存在です。これはレンタカーにも該当することになりますので、しっかりと把握しておくことをおすすめします。

保険の問題はちゃんと把握しておくように

車を乗るのであれば任意保険をしっかりとしておくことが重要ですが、それと同じようにレンタカーもこの考えを適用するべきです。免責補償制度、レンタカー会社の損失を補填するノンオペレーションチャージの免責などありますので、念のために入ってレンタルすることをおすすめします。

最近は借りるだけで免責制度がついてくる会社も増えていますが、ただそれだけでは万全ではないことも。確かな補償を求めるためにも、借りる会社のシステムを把握しておくことが重要です。

多い車の傷や凹み問題

借りてからの問題もありますが、すでにあったものに対しても責任を押し付けられる可能性もあるのがレンタカーです。借りる前から傷や凹みがあったにも関わらず、修理の請求をされることも。レンタカーを借りるときに最も多い問題ですので、営業所のスタッフと一緒に確認しておきましょう。カメラで撮影するのも悪くはない対策です。

自分の身は自分で守るのが基本姿勢

レンタカーを運転している際、無茶な運転をしないことも大切です。特に北海道となると、季節によって今まで経験をしたことがない運転になることも多いことから、自分で管理をすることも大切な判断になります。補償制度を付け加えることも重要ですが、運転にも気をつけるようにしましょう。

補償がしっかりしたレンタカー会社を選ぶことも大切

レンタカー会社によってまったく補償制度が変わってくることも多いです。最初の選択からビハインドを負うようなこともありますので、そんなことが起きないためにも前もって確認をしてください。これも自分の身は自分で守ることに繋がります。

事故を起こさないことがレンタカーを利用する必須条件

レンタカーを利用するときに事故を起こしてしまえば、大きな損失になることがあります。また旅行で利用をすれば、大切な思い出が台無しになってしまうことも。だからこそ事故を起こさない運転をすることが大切です。そのためにできることを行ってください。

できることは限りなくある

レンタカーで事故を起こしにくくするためにできることは限りなくあります。それを忠実にひとつずつしっかり行うようにしましょう。たとえば選ぶ車も大切な基準になります。雪道になれば全車にスタッドレスタイヤが装備されていますが、それに4WDがつけば更に運転がしやすくなるでしょう。今まで軽自動車しか運転をしてこなかったのであれば、大きな車はハンドルを握ることを控えるような対処も必要です。工夫をして事故を起こさない運転を目指してください。

北海道の交通事情の把握に努める

地域によって交通事情が異なるように、北海道にもこれは該当することになります。雪がつもりにくくなるように縦の信号機も多く、それが見落とす原因になることも。止まれなどの表示も道路ではなく標識が多いです。見通すことによって事故の原因になりますので、なるたけ北海道の事情について調べて頭の中に入れておきましょう。

もしものときの対策を練っておくこと

どんなに努力をしても、事故が起きてしまうことがあります。こればかりは相手がいることですので仕方がないことであり、残念なことです。またこちらが絶対に加害者にならない確信もありません。だからこそ、もしものときの免責補償制度はしっかり加入しておきましょう。これがあるだけで余裕を持つことができます。もしものときの保険です。

無理や急がつくような計画は立てない

無理な計画を立てること、そして急なハンドル操作をすることによって、北海道は直接的に事故に結びつきやすくなります。広いからこそ無理な計画を立てない、雪によってリスクが高まっているのに急な操作をしないことも心掛けてください。

乗る人すべての申告が必要になるのがレンタカー

人数が多い旅になると移動手段が公共交通機関になるだけでも費用が増えることになります。広い北海道であればその公共交通機関さえも当てにならないこともありますので、レンタカーは大きな移動手段の武器になるはずです。しかし人数が多いからこそ気をつけておかないといけないことがあります。参加者が共有して運転するケースになるからこそ、知っておいてください。

運転する人がすべて申告する必要がある

レンタカーを申し込みした人しか運転をすることができないと思い込んでいる人も多いですが、そんなことはありません。その他の人でも運転をすることができます。ただし条件があり、それはレンタカー会社に申告をすることです。そうすることによって、申込みをした以外の人でも運転をすることができます。

申告は至って簡単。免許証をレンタカー会社に提示するだけで構いません。後から参加する人もいるでしょう。そんなときはコピーでも構いませんので、運転する予定がある人すべてが申告をするようにしましょう。

申告が漏れた人が起こした事故は補償対象外

仮にレンタカー会社に申告をしていない人が運転をし、事故を起こしたとします。そんなときは補償対象外になります。借りただけである程度の免責補償制度がついてきますが、万全を期して別の補償制度を利用することが推奨されます。それを利用しても、申告をしていない人が起こした事故は対象外になり、すべて自己負担となりますので、気をつけなければいけない問題です。

どんなケースであろうと必ず申告を

運転する予定がある人すべてが申告をするべきであるのがレンタカーになります。後から参加した人の申告が漏れるケースが多いですので、コピーを取って必ず車を受け取るときに提出をしておくようにしましょう。

申告していない人が運転をしないように

ちょっとしたミスが深刻なダメージを受けることになります。だからこそ申告をしていないのであれば、運転をしないようにしましょう。それだけでまったく変わってきます。

乗り捨てができる便利なレンタカー会社がおすすめ

レンタカーを利用するのであれば、必ずあってほしいのが乗り捨てができるシステムです。今では利用者のニーズからほとんどの会社についているサービスになっていますが、これをより良く利用することができることによって効率性が変わってきます。

乗り捨てシステムとは

レンタカーを借りた営業所に返す必要がないシステムと考えるとわかりやすいでしょう。他にも地域に支部があり、その営業所に返却することができるシステムです。レンタカー会社によっては指定された場所であれば営業所でなくても構わないこともありますので、状況によって使い分けていくと良いでしょう。

ひとつ勘違いしてほしくないのは、乗り捨てだからといってどこでも捨てて良いわけではありません。初めて利用する方はここで失敗してしまうことが多いですので、勘違いの修正をしておきましょう。

営業所の数によって利便性が変わってくる

乗り捨ては圧倒的に営業所の数が多いところが有利に働きます。利用する側もその点を無視することがないように、選んでください。営業所が多いことで好きなように乗り捨てることができるようになります。空港や駅で乗り捨てを検討している人にはあまり意味がありませんが、主要な都市の観光が計画の終盤で迫っているときは、営業所が多いだけでも乗り捨てる機会が増えることになります。ここも利便性を求めてください。

駅や空港であればほとんどの主要な会社が揃っている

返却するときそのまま駅や空港にすることを検討しているのであれば、それほど営業所の数を気にする必要はありません。ほとんどの会社が主要な駅や空港に営業所を構えていますので、乗り捨ては容易に行うことができます。

都合よく利用できるように工夫しよう

肝心なことは利用する側が都合よく利用できるのかどうかです。そこを重要視することによって、レンタカーは大きな武器になってきます。だからこそ乗り捨てに関心を持ってください。重要なポイントになりますので、チェックしておくことをおすすめします。