• Home
  • カテゴリー: レンタカーでの注意点

飛行機とレンタカーとホテルと北海道

北海道に向かう人の多くが飛行機を利用することが多いです。そんなとき付随してくるキーワードとしてあるのがレンタカーとホテルです。宿泊する人であればなおさらになるのがホテルであり、北海道とレンタカーの相性が抜群であるからこそ、この2つのキーワードにも関心を持ってもらいたいです。

同時に予約することでお得になる

飛行機のチケットそしてホテル、それからレンタカーの予約を同時に行うことができます。初めて利用する人であれば知らなかった人も多いですが、同時に予約をすることでお得な値段になりますので、行うことをおすすめします。さらに同時に予約をすることができることから、ひとつずつ予約する手間を省くことも可能です。

意外と面倒な手続きになりますので、飛行機を使い宿泊をし移動手段に困っているのであれば、チケットとホテルとレンタカーの予約を同時にできるシステムを活用してください。航空会社や旅行代理店がセットで販売していますので、チェックすると良いでしょう。

北海道の移動はレンタカーが便利

広いのが北海道であり、街から少し離れただけでも公共交通機関の便が少なくなってきます。待つことを強いられることになりますので、移動はレンタカーが便利です。確かに利便性を持つ交通手段になりますが、クリアにしておかないといけない問題もありますので、こちらも把握しておきましょう。

諸般の事情問題のクリアを

保険の問題は絶対に解決しておくべきです。万全の状態を整えてください。広いからこそレンタカーは利便性溢れる道具になりますが、ただ余裕がない移動になってしまうことも。広いからこそ移動に時間が掛かってしまうことも多いですので、余裕を持った計画を立てましょう。

宿泊と移動の問題を解決することができる

飛行機のチケットだけではなく、ホテルと移動手段に関しても問題解決ができる方法になります。別々に予約をするのが面倒だと感じる人にも、一定のメリットがありますのでおすすめの手段です。

楽しいレンタカーの旅をするために必要なこと

楽しい北海道のレンタカーの旅をするために欠かせないことがあります。移動手段として車であれば、公共の交通機関を使うことがありませんので時間に関係なく好きなように活用することができる点ばかりにメリットを感じますが、それ以外のことについて理解しておかないといけないこともあります。

せっかくの旅行で起きる問題

ドライブになりますので、事故が懸念材料になります。しかも乗り慣れた道ではありませんので、その可能性が誰でも高まることを危惧しておかないといけません。安全運転をするのは当然になりますが、旅行になることから気分が高揚してしまい、つい荒っぽい運転をしてしまうことも。

冬の北海道には気をつけないといけません。雪がない夏などになると、今度は野生動物を事故に巻き込んでしまうことになり、命だけではなくレンタカーの修理代も痛い体験になってしまいます。誰でも起こりうるリスクだと認識して、安全運転を心掛けるようにしましょう。

台無しにならないためにも保険の準備を

もしものときに活躍するのが保険です。レンタカーを借りたときにある程度免責補償制度が適用されていることが多いですが、あくまでも最低限のものだと考えてください。簡単に理解するのであれば、自賠責だけであり任意保険がついていないと考えると良いでしょう。万全な保険こそが自らを守ることに繋がります。しっかり考えておくべきです。

レンタカー会社によって異なる

その免責補償制度もレンタカー会社によって異なってきます。ある会社になれば、車の修理を出すために営業損失を補填するノンオペレーションチャージさえも免責補償制度に加えてくれることもありますので、大きな保険になるでしょう。

もしものことを考えて保険料をケチらないように

ただ万全を期すとそれだけ料金が高くなることになります。ほとんどがレンタルする車に掛けられることから、友人との旅行になればそれほど高い金額にはなりません。発想を転換して万全を期すことを考えましょう。

広い大地が計画を狂わせる

北海道はでっかいどうの論理から、これから旅行をする人が知っておかないといけない問題があります。広い大地だからこそ崩される物があることを知っておきましょう。広い大地だからこそ、いろんな問題が生じることがあります。

計画が狂う根本的な問題

広いからこそ計画が狂ってしまうのも北海道です。広いことはそれだけ移動に時間がかかってしまいます。公共交通機関となると便を待たないといけないことからあまり効率的な移動手段とは言えません。だからこそレンタカーと北海道の相性はとても良いです。しかし自分が運転するとしても、それほど時間が短くなるわけではありません。公共交通機関を持つ時間を短縮することはできますが、それ以上を求めることはできないことを理解してください。

広いからこそ計画が狂うことが予想されます。あまり計画を詰めすぎないようにしましょう。多少の余裕を持って移動することをおすすめします。そうしないと思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことも。

急ごうとすることによって問題は起きる

時間が正確ではないと、人間は焦ってしまう習性を持っています。それがレンタカーであれば飛ばしてしまったり、交通状況が良くないのに無理をしてしまうことも。これこそが事故の根本的な原因になってきます。広いことで移動に時間が取られることになり、それを挽回することによって事故が起きる事が多いですので、だからこそ余裕を持ってください。

少し郊外に出るだけでまったく景色が変わってくる

北海道はちょっと郊外に出るだけで景色が変わってきます。大自然を札幌でも体験することができるメリットはありますが、それこそが移動で問題を起こす要因になってきます。季節によって気をつけないといけないことも多いですので、ここもチェックしておきましょう。

ある程度北海道の交通事情を頭の中に入れておくように

これは北海道だけに限らず他の地域にも該当しますが、交通事情というのは地域柄があります。頭のなかに入れてから運転をするようにしましょう。

前もって車の状態は確認しておくように

レンタカーを借りるときに問題になってくるひとつとして車の状態があります。基本は借りた状態で返すことになりますが、それが異なっていれば借りた人の問題になるのがレンタカーです。だからこそ気をつけなければいけないことがあります。

前の状態を必ず確認しておこう

借りる前の状態と異なっているのであれば、それだけで借りた人の問題になってしまうのがレンタカーの怖いところです。たとえ前から傷や凹みがあったとしても、それが借りる前のものであることを証明することができなければ意味がありません。だからこそ必ずチェックをしておきましょう。

できれば営業所の人と一緒に確認しておくことが大切

ただ借りる側が確認できていれば良いわけではありません。営業所も確認できて前からある傷や凹みであることを証明することができますので、できればスタッフの方と一緒に確認することをおすすめします。しかしそうスムーズには行きません。営業所もそのようなことをせずにそのまま貸し出してしまうことが多いです。

ただ一通りぐるっと車の状態を見ておき、気になる傷や凹むを見つけることができれば、それを申告することだけでもまったく変わってきます。気になる部分はそこで一緒に確認をしておきましょう。

気になる場所は写真で証拠保全を

ただそのような状況を作り上げるのは、なかなか難しいです。スタッフの方に確認を協力してもらうことになりますので、難しいこともあるでしょう。そんなときな写真で証拠保全をしておくと良いです。借りてすぐにその場で気になる部分を写真で撮影しておくと、借りる前の傷であることを証明することができます。わざわざスタッフを立ち会わせる必要がありませんので、気になるときは写真撮影をしておきましょう。

初めてだからこそ問題になることが多い

レンタカーを初めて借りるときにこそ、起こりうる問題になっていますので、なるたけ万全に行っておくことをおすすめします。初めてだからこそ知らなかったことになり、それで損失になってしまう問題です。

出来る限り乗り慣れたレンタカーを選ぼう

今まで乗ったことがない車を選ぶこともレンタカーを活用するときの基準になりますが、北海道で利用するのであればなるたけ運転し慣れた車を運転することをおすすめします。いろいろと事情がありますので、そちらを認識してから検討してください。

北海道は季節によっていろんな顔を持つ

冬になるとブラックアイスバーンやホワイトアウトが起きることがあります。夏になると有数のドライブコースがあるのが北海道ですので運転しやすさを感じることもあるでしょうが、野生動物が多いことからそこで事故を起こしてしまうことも。怪我はなかったけれど、ノンオペレーションチャージにより損失額が増えてしまうようなことも起きてしまいます。

だからこそ乗り慣れた車で北海道の旅行をすることをおすすめします。特に初めての雪道であれば、乗り慣れていない車になると困ってしまうこともあるでしょう。乗り慣れているから適応する範囲が雪道だけで済むことになりますので、ここに大きなメリットが存在しています。

仕方なく乗り慣れない車を選ぶことも

ただし乗り慣れている車を選ぶことができないこともあります。人数が多い旅行になってしまうと、それだけ人が増えることになり乗り慣れた車に乗ることができないことも多いです。普段は軽に乗っているのであれば、必然的にバンタイプを選ばないといけないこともあります。そんなときは運転をすることを控えましょう。なるたけ運転し慣れた人にハンドルを握ってもらうことを心掛けるべきです。

指定する車を利用するときの注意点

指定したい車で乗る場合、余裕を持って予約を入れてください。当日になると乗られている可能性もありますので、乗ることができないことも。数ヶ月前であれば抑える可能性が高くなりますので予約は必須です。

第一候補は乗り慣れた車がおすすめ

いろんな事情で車を選ぶことになるでしょうが、第一候補は乗り慣れた車を選択することを推奨します。仕方がなく変更をするときは、自信がない場合、運転を断る勇気も持ってください。

保険の問題は必ずクリアにしておこう

車に乗るのであれば自賠責保険だけではなく、任意保険に入っておくのが通例でもあります。もしものことがあったとき、大きな保証になってくれる存在です。これはレンタカーにも該当することになりますので、しっかりと把握しておくことをおすすめします。

保険の問題はちゃんと把握しておくように

車を乗るのであれば任意保険をしっかりとしておくことが重要ですが、それと同じようにレンタカーもこの考えを適用するべきです。免責補償制度、レンタカー会社の損失を補填するノンオペレーションチャージの免責などありますので、念のために入ってレンタルすることをおすすめします。

最近は借りるだけで免責制度がついてくる会社も増えていますが、ただそれだけでは万全ではないことも。確かな補償を求めるためにも、借りる会社のシステムを把握しておくことが重要です。

多い車の傷や凹み問題

借りてからの問題もありますが、すでにあったものに対しても責任を押し付けられる可能性もあるのがレンタカーです。借りる前から傷や凹みがあったにも関わらず、修理の請求をされることも。レンタカーを借りるときに最も多い問題ですので、営業所のスタッフと一緒に確認しておきましょう。カメラで撮影するのも悪くはない対策です。

自分の身は自分で守るのが基本姿勢

レンタカーを運転している際、無茶な運転をしないことも大切です。特に北海道となると、季節によって今まで経験をしたことがない運転になることも多いことから、自分で管理をすることも大切な判断になります。補償制度を付け加えることも重要ですが、運転にも気をつけるようにしましょう。

補償がしっかりしたレンタカー会社を選ぶことも大切

レンタカー会社によってまったく補償制度が変わってくることも多いです。最初の選択からビハインドを負うようなこともありますので、そんなことが起きないためにも前もって確認をしてください。これも自分の身は自分で守ることに繋がります。

事故を起こさないことがレンタカーを利用する必須条件

レンタカーを利用するときに事故を起こしてしまえば、大きな損失になることがあります。また旅行で利用をすれば、大切な思い出が台無しになってしまうことも。だからこそ事故を起こさない運転をすることが大切です。そのためにできることを行ってください。

できることは限りなくある

レンタカーで事故を起こしにくくするためにできることは限りなくあります。それを忠実にひとつずつしっかり行うようにしましょう。たとえば選ぶ車も大切な基準になります。雪道になれば全車にスタッドレスタイヤが装備されていますが、それに4WDがつけば更に運転がしやすくなるでしょう。今まで軽自動車しか運転をしてこなかったのであれば、大きな車はハンドルを握ることを控えるような対処も必要です。工夫をして事故を起こさない運転を目指してください。

北海道の交通事情の把握に努める

地域によって交通事情が異なるように、北海道にもこれは該当することになります。雪がつもりにくくなるように縦の信号機も多く、それが見落とす原因になることも。止まれなどの表示も道路ではなく標識が多いです。見通すことによって事故の原因になりますので、なるたけ北海道の事情について調べて頭の中に入れておきましょう。

もしものときの対策を練っておくこと

どんなに努力をしても、事故が起きてしまうことがあります。こればかりは相手がいることですので仕方がないことであり、残念なことです。またこちらが絶対に加害者にならない確信もありません。だからこそ、もしものときの免責補償制度はしっかり加入しておきましょう。これがあるだけで余裕を持つことができます。もしものときの保険です。

無理や急がつくような計画は立てない

無理な計画を立てること、そして急なハンドル操作をすることによって、北海道は直接的に事故に結びつきやすくなります。広いからこそ無理な計画を立てない、雪によってリスクが高まっているのに急な操作をしないことも心掛けてください。

乗る人すべての申告が必要になるのがレンタカー

人数が多い旅になると移動手段が公共交通機関になるだけでも費用が増えることになります。広い北海道であればその公共交通機関さえも当てにならないこともありますので、レンタカーは大きな移動手段の武器になるはずです。しかし人数が多いからこそ気をつけておかないといけないことがあります。参加者が共有して運転するケースになるからこそ、知っておいてください。

運転する人がすべて申告する必要がある

レンタカーを申し込みした人しか運転をすることができないと思い込んでいる人も多いですが、そんなことはありません。その他の人でも運転をすることができます。ただし条件があり、それはレンタカー会社に申告をすることです。そうすることによって、申込みをした以外の人でも運転をすることができます。

申告は至って簡単。免許証をレンタカー会社に提示するだけで構いません。後から参加する人もいるでしょう。そんなときはコピーでも構いませんので、運転する予定がある人すべてが申告をするようにしましょう。

申告が漏れた人が起こした事故は補償対象外

仮にレンタカー会社に申告をしていない人が運転をし、事故を起こしたとします。そんなときは補償対象外になります。借りただけである程度の免責補償制度がついてきますが、万全を期して別の補償制度を利用することが推奨されます。それを利用しても、申告をしていない人が起こした事故は対象外になり、すべて自己負担となりますので、気をつけなければいけない問題です。

どんなケースであろうと必ず申告を

運転する予定がある人すべてが申告をするべきであるのがレンタカーになります。後から参加した人の申告が漏れるケースが多いですので、コピーを取って必ず車を受け取るときに提出をしておくようにしましょう。

申告していない人が運転をしないように

ちょっとしたミスが深刻なダメージを受けることになります。だからこそ申告をしていないのであれば、運転をしないようにしましょう。それだけでまったく変わってきます。